初めての方はお電話でご予約お待ちしております! 交通事故患者様は平日19時30分まで受付!
0467-98-3118
代表より「ご挨拶」
『心を込めた治療』と『元気なあいさつ』を徹底し、感謝の心で
地域の皆さまのお役に立てる院を目指します。
はじめまして。
もんもん鍼灸整骨院・代表の金子と申します。

僕は、介護の仕事をする為に平塚にあります神奈川社会福祉専門学校を卒業し、介護福祉士の免許を取得しました。

その後、特別養護老人ホームで介護福祉士として働いている際に、ある女性のご利用者さまが転倒され、骨折されました。

まだ介護保険が導入される前のお話です。

そのご利用者さまより僕に対し、言いやすかったのか

『リハビリをして、また歩けるようにしてちょうだい』

『このまま寝た切りになるのは嫌だし、寝たきりになれば、家族に迷惑が掛かるから・・・ 嫌なの、助けて』

と、おむつ交換、食事介助などに行く度に毎回言われ、看護師や介護主任に相談したところ

『あなたは介護福祉士だから、リハビリは出来ないのよ。歩行訓練もダメよ。』

『独学で勉強してもダメよ』

『リハビリの先生を頼むのは、医師や家族の許可、お金の問題もあるから施設側(老人ホーム)で勝手に決められないのよ・・・』

と言われ、自分の力の無さを実感しました。

結局その方は寝たきりになってしまい、僕もその方の前に顔が出せなくなってしまった過去があり、悔しい思いをしました。

そこで、『僕がリハビリ・機能訓練が出来る資格を取れば、寝たきりの患者さまが 少しでも減るのでは・・・

僕の気持ちは『人間が人間らしく生きて頂きたい』・『施設・老人ホームに入居されても人間らしい生活をして頂きたい』・『寝たきりを無くしたい』・『ご自身の足で歩いて頂き、ご自身の口で食事を食べて頂きたい』と日々考える時間が長くなっていきました。

僕が出来る事があるならば・・・。という気持ちが強くなっていき、特別養護老人ホームで働きながら、休みの日には、リハビリの治療の研修などを開始しました。

その後、医療・リハビリが出来る学校を受験する勉強を始め、仕事・勉強・リハビリの研修の日々が始まりました。

数年後、医療・リハビリが出来る学校を受験し、合格を頂き、特別養護老人ホームを退社し、学校で医学・リハビリの勉強しながら、 1日100名以上の患者さまがご来院される院で、リハビリを含む研修させて頂き、リハビリの技術や治療を学びながら、国家資格を取得致しました。

その後、ドクターより、リハビリ、歩行訓練などの依頼を受けるまでに成長し、さらに患者さま目線、ご家族さま目線、老人施設目線に立ち物事が考えられるように、介護支援専門員(ケアマネージャー)も取得いたしました。

多くの接・整骨院・鍼灸マッサージ院で研修し技術を学び、「ご来院していただける患者さま」と「ご来院できない患者さま」への治療の仕方も学びました。

この学んだ技術に、特別養護老人ホームでの介護の経験・知識をプラスし、『心を込めた治療と元気なあいさつを徹底し、地域の皆さまのお役に立てる院を目指す』をモットーに、地域の皆さまのお役に立ちたい、地域の皆さまの「寝たきりゼロ」を目標に、当『もんもん鍼灸整骨院』・『もんもん鍼灸マッサージ院』を立ち上げました。 
スタッフよりご挨拶
金子 奈々
地域の皆様が笑顔で毎日過ごせるように、頑張ります。 宜しくお願いします。
 


ページ上部に戻る